【必読】法律相談を受ける際のお願い | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと

医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと

医療法律相談は、一般の法律問題とは大きく異なり、非常に専門性が高い分野です。


したがいまして、一度聴いただけでは、記憶に残らなかったり、また理解が不正確になってしまったりして、相談者ご自身の頭の中で整理ができなくなります。

また、相談者と弁護士との間で、「聴いた」、「聴いていない」などというトラブルの原因にもなります。


そこで、弁護士側として、相談者にご提案したいことがあります。


相談時に弁護士が説明したことは、できるだけ正確にメモを取るように心がけてください。せめてメモを取るのに必要な筆記用具はご持参いただきたいと思います。


また、弁護士がホワイト・ボードなどを使用して図解で説明する際には、ご遠慮なく、メモを取るかご自身のスマートフォンなどで撮影するなどして記録にとどめてください。

備忘録としてとても有効だと思います。


弁護士としては、せっかく患者さんたちのために詳細にポイントを説明したはずであるのに、後日、「そのような説明は聴いていない」と言われるのが一番辛いのです。


医療機関とこれから闘っていかなければならない可能性があるのに、相談者と弁護士との間の信頼関係にヒビが入るような事態だけは避けなければなりません。


よろしくご協力をお願いします。

医療事故・医療ミスの法律相談を受ける前に

弁護士に相談する前に、やっておくべきこと・やってはいけないこと

医療に強い弁護士の探し方(とても大事なので、しっかりお読みください)

医師免許を持っている弁護士について

他の法律事務所と何がちがうの?

医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…?

医療事故・医療ミスの種類について

いつの時点で弁護士に相談するべきか?

医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと

協力医とは?

意見書(私的鑑定意見書)とは

因果関係について

医療法律相談の流れ

医療法律相談はいくらかかるのか?

医療過誤・医療ミスのご相談