医療過誤に強い弁護士紹介 | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

医療過誤に強い弁護士紹介

医療過誤チーム代表メッセージ

弁護士法人ALG代表執行役員 弁護士 金﨑 浩之

代表執行役員 弁護士 医学博士

金﨑 浩之

東京弁護士会 所属

医療事件は多くの弁護士が苦手とし、経験がある弁護士でさえ年間で数件程度というのが日本の法曹界の実態です。


弁護士経験30年でも医療事件の経験は20件未満という弁護士も少なくありません。そこで、私たちは、医療分野に特化した部署を創設し、所属弁護士が医療問題に専念できる環境を整えました。


我が医療事業部では、入所初年度から解剖生理学などの医学的知見を獲得する研修を実施するとともに、東京弁護士会の医療過誤法部に所属させ、医療判例の修学に努めています。

専門性が高い医療事件は、是非私たちにお任せ下さい!

代表執行役員 弁護士・医学博士 金﨑 浩之(東京弁護士会 所属)


学 歴

順天堂大学大学院医学研究科博士過程(医学博士)

所 属

東京弁護士会医療過誤法部

医療事故・紛争対応研究会

日本医療安全学会

日本医療過誤法学会

執筆・論文

・「院内感染の裁判例に関するマクロ分析」(法律実務研究第30号,2015年3月,東京弁護士会)

・「医療安全における専門医との連携-転医(専門医)義務に関する重要裁判例の解析」リウマチ科Vol.54 No5 Nov.2015(556),化学評論社

・「院内感染に関する医療訴訟の解析」日本病院総合診療医学会雑誌第10巻2号(16)

医療過誤に強い弁護士メッセージ

弁護士法人ALGでは、医療過誤の専門性を高めるべく、医療過誤に特化した弁護士とスタッフがチームとなって対応しています。医療過誤に特化することにより、経験が蓄積され、スピーディーかつ質の高いリーガルサービスを提供することが可能となります。

代表執行役員

執行役員

事業部長

プロフェッショナルパートナー

所属弁護士(50音順)