宇都宮の医療過誤・医療ミスの弁護士相談は経験豊富な弁護士法人ALG&Associatesへ

医療ミスに強い宇都宮の弁護士法人ALG&Associates

医療ミスに強い宇都宮の弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部長 弁護士 山本 祐輔

宇都宮支部長 弁護士

山本 祐輔

栃木県弁護士会 所属

宇都宮支部メッセージ

医療過誤の適切な処理には、弁護士の方にも専門的な知識・経験とチーム力が求められます。

皆様、こんにちは。当事務所、弁護士法人ALG&Associatesは、東京オフィスの他、全国に支部を有し、個人向けも法人向けも、多くの分野の案件を手掛けています。


医療過誤は、法律の他に医療知識も要する専門性、難易度の高い紛争類型とみられ、その適切な処理には、弁護士の方にも専門的な知識・経験とチーム力が求められます。傷病や治療についての見識を持ち、医療記録を適切に収集、整理し、調査・解読する必要があるでしょう。

医療が、高度・先進的になり、予期しない医療事故・医療過誤が発生し、後遺症が生じる事故や死亡事故等、思わぬ事故が生じることがあります。仮に思うような結果が出なかった場合、それがミスなのか、治療に最善を尽くしてなお及ばなかったのか、その区別は簡単でなくなります。そこを的確に仕分け、違法不当な損害が生じているのであればきちんと責任を明らかとし、賠償し、案件を処理する。そのためには、法律事務所も一定の経験と専門性を有している方がいいと思われます。


宇都宮支部では、栃木県をはじめ北関東エリアで医療過誤のご相談に対応しております。

弁護士法人ALGは、東京オフィスに専門の医療事業部を有しており、当該部署では専門教育を受けている弁護士とスタッフ、豊富な文献・資料を備えています。難度の高い医療過誤案件であっても、手掛けることができます。医療過誤は、特に患者側からは、自力で何とかしようとしても、どうにもならないこととなる可能性が高いです。しかるべき、適した専門家に依頼し、進めることは重要です。


栃木県をはじめ北関東で、医療過誤による損害を被っているのではないかとお悩みの方がいましたら、弁護士法人ALGにご相談ください。専門性と知識・経験、豊富な人員を活かし、適切な解決のために努めます。ご遠慮なく、ご連絡ください。


宇都宮支部の所在地

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル9F

宇都宮支部へのアクセス

  • JR『宇都宮駅』西口より徒歩5分

宇都宮支部の風景

弁護士法人ALG宇都宮支部の外観

医療過誤・医療ミスのご相談