東京の医療過誤・医療ミスは医療訴訟に強い弁護士へ相談

東京の医療訴訟の相談は医学博士弁護士

医療ミスに強い東京の弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG代表執行役員 弁護士 金﨑 浩之

代表執行役員 弁護士 医学博士

金﨑 浩之

東京弁護士会 所属

東京オフィスメッセージ

弁護士法人ALGでは、他の弁護士事務所・法律事務所に先駆けて、医療過誤を専門的に取り扱う医療事業部を創設し、多くの実績を積み上げてきました。

はじめまして!弁護士法人ALGでは、代表及び医療事業部長をつとめております。
これまでの日本の弁護士業界は、取扱分野の専門性を強化するのではなく、あらゆる法律問題に対応できるゼネラリストの養成を主眼としてきました。

その理由は、そもそも多くの弁護士がゼネラリスト志向であったことに加えて、依頼される案件は何でも受任しないと経営が成り立たないという現実に直面していたからです。
しかし、今日、弁護士事務所・法律事務所の法人化が認められるようになり、また広告活動も解禁されたことから、弁護士事務所・法律事務所の大規模化と、専門分野・得意分野に特化した集客が可能となりました。


このような弁護士を取り巻く環境が法改正により大きく変化したことで、いよいよ日本の弁護士もゼネラリストからスペシャリストへと大きく転換できる時代が到来したわけです。


さて、その中でも医療事故・医療ミスの分野(私たち法律家は、これらを"医療過誤"と呼びます)は、特に専門性の強化が著しく遅れた分野です。
その理由は、皆さんが想像するとおり、医療裁判は、純粋な法律論争というよりは、高度な医学論争に発展することが多いからです。


とりわけ、患者側の弁護士にとっては、医療機関側の弁護士と違って、医療の専門家を相手取って裁判を行わなければならないことから、弁護士の取扱分野の中では最も専門性・難易度が高い分野だと指摘されております。
この"患者側の弁護士としての専門性"のハードルの高さは、専門家養成の大きな壁として立ちはだかり今日に至っております。


弁護士法人ALGでは、他の弁護士事務所・法律事務所に先駆けて、医療過誤を専門的に取り扱う医療事業部を創設し、医療事業部に専属する弁護士を配置して、その専門性を強化する仕組み作りに取り組んできました。
その結果、これまで多くの実績を積み上げてきました。


弁護士法人ALGは、医療過誤のご相談に全国対応しております。

弁護士法人ALGでは、医療裁判例の研究は当然のこととして、基本的な医学的知見に関する研修会・勉強会を所内で実施するとともに、850冊を超える医学書・論文を取り揃えて、医療事業部所属の弁護士たちが不自由なく医療事件に取り組める環境を整備しました。


弁護士法人ALGは、これからも、ひとりでも多くの患者さんたちを救済できるように、医療裁判の専門性強化に組織的に取り組んでいく所存です。よろしくお願いします。


代表執行役員 弁護士・医学博士 金﨑 浩之(東京弁護士会 所属)


学 歴

順天堂大学大学院医学研究科博士過程(医学博士)

所 属

東京弁護士会医療過誤法部

医療事故・紛争対応研究会

日本医療安全学会

日本医療過誤法学会

執筆・論文

・「院内感染の裁判例に関するマクロ分析」(法律実務研究第30号,2015年3月,東京弁護士会)

・「医療安全における専門医との連携-転医(専門医)義務に関する重要裁判例の解析」(リウマチ科,54(5):556-558,2015)

・「インフォームド・コンセントと医療訴訟」(小児科Vol.49 No.4,2017-4)

東京オフィスの所在地

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F

東京オフィスへのアクセス

  • 東京メトロ丸ノ内線 『西新宿駅』2番出口より徒歩7分
  • 東京メトロ丸ノ内線 『中野坂上駅』1番出口より徒歩10分
  • 都営地下鉄大江戸線 『都庁前駅』A5出口より徒歩10分
  • 都営地下鉄大江戸線 『西新宿五丁目駅』A1出口より徒歩10分
  • 各線 『新宿駅』より 徒歩15分

東京オフィスの風景

弁護士法人ALG東京オフィスの受付
弁護士法人ALG東京オフィスの外観

医療過誤・医療ミスのご相談