弁護士 髙橋 旦長

医療過誤に強い弁護士法人ALG&Associates

医療過誤に強い弁護士法人ALG&Associates

シニアアソシエイト 弁護士 髙橋 旦長

シニアアソシエイト 弁護士

髙橋 旦長

大阪弁護士会 所属

医療過誤でお困りの方へ 弁護士 髙橋 旦長よりメッセージ

当職は多数の医療過誤事件を扱う中で,医療事故に関する原因究明や法的責任を決定する制度が十分に機能しているとは言い難い現状を目の当たりにしてきました。例えば,ある事例では,病院側は訴訟提起前には医療ミスであることを全く認めていなかった上,第三者機関に対する報告の必要性も認めていませんでしたが,当職らが民事訴訟を提起すると,病院側は医療ミスであることを認め,医療事故調査制度に基づく報告や調査を行う必要があったことも認めました。仮に遺族が病院側の説明に対して疑問を感じて弁護士に相談していなければ,文字どおり闇に葬られた可能性が高い事案でした。また,記録の隠匿ないし改竄が疑われる事例も多数あります。ある事例では,証拠保全(記録の差押えのような手続きです。)の期日に病院側は「当院では記録保管の期間が1年ですので既に記録を廃棄しました。」と主張しましたが,当職が「記録の保管義務を定めた法令に違反している事実を厚生労働省に報告する。」と述べると,病院側は掌を返したように「良く探すと記録はありました。開示します。」と回答してきました。この件の経緯からすると病院側には記録を隠匿する意図があった可能性は極めて高いと考えられます。当職は,医師の方々は多忙な中で難しい判断を下し,患者さんの命や健康を守って下さっており,本当に尊敬すべき存在であると思っています。しかし,上記のように大変残念な事例は実際に存在します。ある時,当職に協力して下さっている医師の方が「ルールを守っている普通の医師は守られるべきだ。しかし,明らかにルール違反をしている医師は守られるべきではない。」と仰っていました。当職の思いもまさにこの医師のお言葉と軌を一にするものです。隠蔽した者勝ち,上手い言い訳を述べた者勝ちではなく,適切に責任の有無が切り分けられ,被害者に十分な補償を受けて頂くことができる社会の実現を目的として,当職は日々の業務に励んでおります。もし,医療に関して納得がいかないことがあれば是非ご相談ください。

医療過誤の取扱事例

  1. 健康診断での肺がんの見落としが問題となった事例
  2. 一過性脳虚血発作の見落としが問題となった事例
  3. 化学療法施行時にB型肝炎ウイルスの再活性化を防止する薬の投与を怠った事例
  4. アドレナリンを投与すべきではないのに過剰に静脈注射した事例
  5. 推奨レベルの高いガイドラインの内容に違反した分娩の後に子が脳性麻痺となった事例
  6. 悪性高熱のリスクが高い患者に揮発性吸入麻酔薬を投与して悪性高熱を発症させた事例
  7. PSA高値であるにも関わらず必要な検査を怠り漫然と前立腺がんを進行させた事例
  8. 出血性ショックが疑われる患者に対する検査や輸血の遅滞が問題となった事例
  9. ガス壊疽の発症が疑われる患者に対する検査の遅滞が問題となった事例
  10. 膀胱がんに対する検査義務が問題となった事例
  11. 糖尿病患者の血糖コントロールを怠り高浸透圧高血糖症候群に陥らせた事例
  12. 頸椎椎弓形成術後に四肢麻痺の後遺障害が生じた事例
  13. 髄膜炎の見落としが問題となった事例
  14. 治験に関する説明義務違反が問題となった事例
  15. 骨折後の観血的手術の手技ミスが問題となった事例

ほか多数

シニアアソシエイト 弁護士 髙橋 旦長
シニアアソシエイト 弁護士 髙橋 旦長
シニアアソシエイト 弁護士 髙橋 旦長

医療過誤・医療ミスのご相談