福岡の医療過誤・医療ミスの弁護士相談は経験豊富な弁護士法人ALG&Associatesへ

医療ミスに強い福岡の弁護士法人ALG&Associates

医療ミスに強い福岡の弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部長 弁護士 今西 眞

福岡支部長 弁護士

今西 眞

福岡県弁護士会 所属

福岡支部メッセージ

福岡支部は福岡だけではなく、熊本、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄等、九州全域の医療過誤のご相談に対応しております。

弁護士法人ALG 福岡支部の所属弁護士全員に、「徹底的なリサーチと自由闊達な議論を行う」という執務姿勢が備わっています。
現代医学は、高度に専門化・細分化されています。現役の医師でも、自分の専門分野以外では、最新の医学知識にキャッチアップできていないことが少なくありません。そして、医療事件には、「専門分野以外の医師が検討しても、過失の有無が判断できない事案」、「医療事件を専門とする弁護士でも初めて経験する疾病や治療方法が問題になる事案」が数多く含まれます。
このような初見の事案に適切に対処するためには、基礎的な医学知識を有していることだけではなく、何より、未知の分野、初見の分野に対しても臆することなく調査し、思索し、議論し、ご依頼者様に有利な結論が得られるよう、全力を尽くす執務姿勢が、何より重要です。


福岡支部の所属弁護士は、予め、検討可能な資料を検討し、医学文献を調査し、法律相談に臨んでいます。文献の調査は、市販の医学書は勿論のこと、「メディカルオンライン」、「Medical Finder」、「PubMed」といった各データベースを利用して、国内外の専門誌に掲載された最新の論文も含めて行っています。ご依頼いただいた後は、入手したカルテや画像等や、相手方医療機関の説明等を踏まえて、さらに深い調査を行います。
また、福岡支部の所属弁護士は、他の弁護士が担当している事案でも、各自が独自に調査し、調査結果を基に、思索し、議論を尽くすことが当たり前になっています。


ご依頼者様が納得されて医療紛争を終結できるよう、福岡支部は全力を尽くします。

医療事件は、ご依頼者様やその家族が、医療行為により期待していた結果が得られず、不幸な結果が生じたことから始まります。ご依頼者様は、医療機関に不信感を持たれていたり、家族に治療を勧めたことに自責の念を持たれていたりします。福岡支部では、上記のような執務姿勢により、ご依頼者様が納得されて紛争を終結できるよう、全力を尽くします。
福岡だけではなく、熊本、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄等、九州全域からご相談をいただいています。お悩みの方は是非、一度ご相談ください。


福岡支部の所在地

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡4F

福岡支部へのアクセス

  • 福岡市地下鉄 空港線 『天神駅』16番出口より徒歩3分
  • 福岡市地下鉄 七隈線 『天神南駅』5番出口より徒歩3分<
  • 西鉄 天神大牟田線 『西鉄福岡(天神)駅』より徒歩10分

福岡支部の風景

弁護士法人ALG福岡支部の受付

医療過誤・医療ミスのご相談