弁護士法人ALGの医療過誤チームとは | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALGの医療過誤チームとは

弁護士法人ALGの医療過誤チームとは

弁護士法人ALGの医療過誤チーム

弁護士の専門性を強化するため

医療事件を専門的に取り扱う弁護士によって構成されているチームです

日本国内の伝統的・典型的弁護士事務所は、多くの取扱分野を持つゼネラリストの弁護士で構成されており、どの分野においてもスペシャリストの養成が遅れていました。


特に専門性が高く、多くの弁護士にとって敷居も高い医療紛争の分野での専門性の遅れは甚だしいと言えます。


医療裁判で医療機関側の弁護士と互角に議論できる弁護士はごく一部の少数派にとどまるばかりか、弁護士事務所が一丸となって医療事件の専門性強化に組織的に取り組んできた例は皆無に等しいとさえ言える状況が続きました。


そこで、弁護士法人ALGは、そのような状況を打破するため、他の弁護士事務所・法律事務所に先駆けて、医療事件を専門的に取り扱うチームを創設しました。


弁護士法人ALGの医療過誤チーム

大学院の医学研究科博士課程への進学も推奨

豊富な医学知識で医療事件に取り組みます

医療過誤チームに所属する弁護士は、所内で実施される解剖生理学試験に合格し、医療判例研究会、臨床医学の勉強会などの各種研修に参加することが義務づけられております。


また、医療過誤チーム所属の弁護士のうち、東京弁護士会の会員弁護士については、同弁護士会が設置する法律研究部のひとつである医療過誤法部に所属することも義務づけられています。


さらに、医療過誤チームに所属する弁護士の全てが、将来、大学院の医学研究科博士課程に進学し、医学博士の学位を取得することも推奨されております。


現在、数名の所属弁護士が、医学研究科博士課程に在籍しております。


医療過誤チームに所属する弁護士は、850冊に及ぶ医学専門書が取り揃えてある恵まれた執務環境で医療事件に専念しており、日本国内では、医療事件の分野で優れた実績を上げている有数の弁護士事務所に育っております。


関連記事

850冊超えの医療文献

過去の取扱症例

医療過誤・医療ミスのご相談