MENU

エホバの証人輸血拒否事件

【医学知識】エホバの証人輸血拒否事件

エホバの証人輸血拒否事件

エホバの証人輸血拒否事件とは、患者さんが宗教的理由により輸血を拒否したにもかかわらず、医師がその患者に輸血してしまったために、当該医師の医療行為は違法ではないかが争われた事件です。

ここでは、医師の説明義務は基本的に尽くされていることが前提となっており、説明義務の問題は生じていません。

問題の本質は、宗教的理由に基づいて輸血を拒否するという患者の自己決定権の行使と、患者の命を救うために患者の意思に反してでも輸血を行なうべきと考えた医師の使命感のいずれを尊重するべきか、ということにあるのです。

ここでは明らかに”患者の意思尊重VS医師の使命感“という価値観の対立構造がありますが、医師が患者に対して必要な情報提供を怠っているわけではありません。

エホバの証人の信者が輸血を拒否したにもかかわらず輸血をしてしまったという医師はたくさんいるようで、日本全国で訴訟に発展しておりますが、”患者の意思尊重VS医師の使命感”については、最高裁で決着がついています。

この事件で最高裁は、患者の自己決定権を尊重し、医師が行った輸血の処置を違法としたからです(最判平成12年2月29日)。

まさにinformed decisionが具現化したケースであるともいえます。

説明義務との関係でいえば、説明義務違反はないが自己決定権を侵害しているということになります。

そうすると、患者が輸血を拒否した場合、医師は輸血を行なうべきではないということになり、その結果、患者が死亡したとしても医師に責任は生じないということになるのです。

患者の生命を救うことが医師の大きな使命のひとつであることを考えると、医療関係者にはとても違和感がある裁判例かもしれませんが、死亡したとしてもそれは患者の自己責任であり医療事故にも医療ミスにも該当しません。

もっとも、輸血を必要とする患者が小さな子供で、輸血を拒否している信者はその親であるという場合、問題は複雑になります。
というのも、宗教的理由に基づく輸血拒否という意思を尊重したとしても、その結果死亡するのは輸血を拒否した信者ではなく、その子供だからです。

死亡した患者自身が自ら輸血を拒否しているわけではないのです。

法律的な観点からいえば、いくら親でも他者である子供の生命を処分できる権限は認められるべきではありませんから、このような場合、医師は輸血を実施すべきであると考えられます。

特殊なケースではありますが、インフォームド・コンセントと説明義務が一致しない典型例であり、両者の違いを理解しやすい事例だと思われます。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由