MENU

インフォームド・コンセント

【医学知識】インフォームド・コンセントとは

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント(informed consent)という言葉は、文字どおりに捉えれば、患者に対して診療行為の内容を説明したうえで、医師が患者から同意を得ることを指していますが、その同意の前提として、医師が病状、検査、診断内容、治療方法の選択、治療効果の見込み、予後などについて、しっかりと患者に説明したこと(informedとは、医師から患者に十分な情報が提供されていることを意味しています)ことが必要と考えられています。

言い換えれば、医師が患者に対して検査や治療の効果、リスク、予後などに関してしっかり説明したうえで、これから行おうとする検査や治療について、患者の同意を得ておくべきという考え方なのです。

もっとも、このインフォームド・コンセントという概念は、今日では、医師が患者から同意を得ればよいとする考え方からさらに発展し、患者に診療内容の選択肢を示して自己選択させることや(informed choice)、患者自身が自らの人生観・価値観に従って、診療行為自体を受けるか否かも含め自己決定することまで意味する言葉と理解されています(informed decision)。

したがって、患者には診療内容を自ら決定できる権利があり(患者の自己決定権)、医師は患者がその自己決定権を行使するのに十分な情報を提供する義務(説明義務)があるということになります。

ところで、私たち弁護士や裁判官などの法律の専門家には、インフォームド・コンセントという言葉よりも、”説明義務“という言葉のほうがむしろ馴染みがあります。
というのは、司法の世界では、医師の注意義務違反が問題になるため、注意義務違反の有無を評価するために、説明義務違反があるか否かが議論されるからです。

したがって、通常は、私たち法律家は、いわゆるインフォームド・コンセントの問題を”説明義務違反“の問題として議論しています。
しかしながら、インフォームド・コンセントという言葉と説明義務という言葉は、必ずしもそれを使用する人の好みの問題ではありません。
実は、説明義務は尽くされているのに、インフォームド・コンセントがない違法な医療行為という類型があるのです。この両者は厳密には異なる概念なのです。

それがわかる典型的な事例に“エホバの証人輸血拒否事件”があります。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由