MENU

子宮体癌

子宮体癌

子宮体癌の特徴

・発癌リスク; 肥満、未経産婦、月経不順
・好発年齢; 50~60歳代
・主訴; 不正出血

※近年増加傾向。子宮癌全体の約40%に及ぶ。

分類

Ⅰ型子宮体癌

・エストロゲン刺激; あり
・肥満因子; あり
・組織型; 類内膜腺癌
・分化度; 高分化・中分化・低分化
・筋層浸潤; 浅い
・転移; 低率

Ⅱ型子宮体癌

・エストロゲン刺激; なし
・肥満因子; なし
・組織型; 類内膜腺癌・漿液性腺癌・明細胞腺癌
・分化度; 低分化
・筋層浸潤; 深い
・転移; 高率

発癌機序

Ⅰ型子宮体癌

正常子宮内膜
  ↓
子宮内膜増殖症; エストロゲン刺激による
  ↓
子宮内膜異型増殖
  ↓
類内膜腺癌(発癌)

Ⅱ型子宮体癌

正常子宮内膜
  ↓
(突然、癌化する!)
低分化型類内膜腺癌・漿液性腺癌・明細胞腺癌

治療

手術

・Ⅰa期かつGrade1; 単純子宮全摘出術
・それ以外; 単純子宮全摘出術又は準広汎子宮全摘出術、リンパ節郭清
・リンパ節郭清; 骨盤リンパ節及び傍大動脈リンパ節

放射線治療及び術後化学療法

・手術時腹腔内所見及び術後病理所見でリスク分類
→低リスク、中リスク、高リスク

・中又は高リスク郡と判断されると、化学療法又は放射線治療

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由