MENU

HER2陽性乳癌と分子標的薬

HER2陽性乳癌と分子標的薬

HER2とは

①ヒト癌遺伝子が産出する。
②細胞膜貫通型の蛋白質である。
③細胞増殖因子の受容体(EGFR)である。

※EGFR=epidermal growth factor receptor

トラスツズマブ(抗HRE2薬)の薬理作用

・HER2受容体は、膜貫通型受容体チロシンキナーゼであり、その活性化によって、腫瘍増殖や進展に関する遺伝子シグナルが活性化される(210頁)。
・HER2シグナルによって、VEGF(血管上皮細胞増殖因子)の転写が活性化される。その結果、血管新生も増強される(214頁)。
・トラスツズマブは、HRE2受容体の活性化を抑制する分子標的治療薬である(210頁)。
・トラスツズマブは、HER2シグナルを抑制することによって、血管新生を抑制している(214頁)。

術前療法とトラスツズマブ

①アンスラサイクリン系(標準化学療法)→タキサン+トラスツズマブ併用(196頁)
⇒pCR率40~50%

②MDアンダーソン癌センター臨床試験(ランダム化比較試験)(210頁)

・比較対照群
 パクリタキセル→5-FU、エピルビシン、シクロホスファミド

⇒pCR率26.3%、3年無再発生存率85,3%

・比較対照群にトラスツズマブ併用
⇒pCR率65.2%、3年無再発生存率100%

トラスツズマブ・ラパチニブの”デュアル抗HER2”(213頁)

NeoALLTOランダム化比較試験

・比較対照群
トラスツズマブ+パクリタキセル→手術→トラスツズマブ

⇒pCR率29.5%

・デュアル抗HER2療法
トラスツズマブ+ラパチニブ+パクリタキセル→手術→トラスツズマブ+ラパチニブ

⇒pCR率51.3%

参考文献
・日本乳癌学会編「乳腺腫瘍学」(金原出版株式会社)

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由