MENU

麻痺の後遺症

麻痺の後遺症

左半身麻痺

・片麻痺

・「麻痺が高度」とは、障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、障害のある上肢又は下肢の基本動作(下肢のおいては歩行や立位、上肢においては物を持ち上げて移動させること)ができないもの

・上肢においては、随意運動の顕著な障害により、障害を残した一上肢では物を持ち上げて移動させることができないもの

・下肢においては、随意運動の顕著な障害により一下肢の支持性及び随意的な運動をほとんど失ったもの

・「麻痺が中程度」とは、障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が相当程度失われ、障害のある上肢又は下肢の基本動作にかなりの制限があるもの

・上肢においては、障害を残した一上肢では仕事に必要な軽量の物(500mg)を持ち上げることのできないもの、又は障害を残した一上肢では、文字を書くことができないもの

・「身体機能障害のため、生命維持に必要な身のまわりの処理の動作について、常に他人の介護を要するもの」(第1級の3)

高度の片麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの

・「身体機能障害のため、生命維持に必要な身のまわりの処理の動作について、随時他人の介護を要するもの」(第2級の2の2)

高度の片麻痺

・「身体性機能障害のため、きわめて軽易な労務のほか服することができないもの」(第5級の1の2)

中等度の片麻痺

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由