MENU

複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群とは何か。

神経が損傷することにより発生する知覚神経、運動神経、免疫系などの変化により発症する慢性疼痛症候群をいう。

複合性局所疼痛症候群の症状

①慢性的な疼痛が生じる。
②組織損傷と釣り合わない疼痛
③組織損傷と釣り合わない異常感覚
④筋委縮

など。

複合性局所疼痛症候群の原因

①神経腫、腫瘍、椎間板ヘルニアなどを原因とする神経の圧迫
②代謝性神経障害
③骨折、やけどなど
④手術や採血などの医療行為

など。

複合性局所疼痛症候群の診断方法

①試験的交感神経ブロック
②骨シンチ
③サーモグラム
④MRI
⑤筋電図

などの検査結果を総合判断して診断する。

複合性局所疼痛症候群の治療方法

①交感神経ブロック
②理学療法
③温熱療法
④交感神経切除

など。

裁判例

さいたま地方裁判所川越支部平成16年8月26日判決判タ1212号213頁

など。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由