MENU

肺癌

肺癌

肺癌(非小細胞肺癌)

ⅰ 非小細胞肺癌 進行比較的遅い
・扁平上皮癌
・腺癌
・大細胞癌
ⅱ 小細胞癌 進行速い

非小細胞癌の5年生存率(手術適応のⅡ期までのもの)

ⅠA期 70~80%
ⅠB期 60~70%
ⅡA期 50%
ⅡB期 40%

ⅢB、Ⅳ期は手術不能

Stage

←原発腫瘍の進展度
所属リンパ節転移の有無・程度
遠隔転移の有無

診断

①症状(無症状の場合もあり)

咳嗽・喀痰、体重減少、胸痛、呼吸困難、血痰 等

②スクリーニング検査

胸部Ⅹ線、胸部CT、MRI

③局所の診断

喀痰細胞診、気管支鏡検査、気管支内視鏡下生検、胸腔鏡検査

④全身の診断

胸部腹部のCT、頭部のMRI
PETCT
腫瘍マーカー

治療(非小細胞癌)

0、ⅠA期:切除
ⅠB、Ⅱ期:切除と化学療法
ⅢA期:状態良好なら切除、放射線療法と化学療法、不良なら放射線療法
    ただしT3N1は切除と化学療法
ⅢB期:状態良好なら放射線療法と化学療法、不良なら放射線療法
Ⅳ期:外科切除は不適応
状態良好なら化学療法と緩和療法、不良なら緩和療法と局所療法
脳転移合併は全脳照射、骨転移合併は放射線療法

参考文献
福岡正博ほか『プラクティカル内科シリーズ1 肺癌―患者へのアプローチから治療の最前線まで(改訂第2版)』南江堂、2003
医療情報科学研究所『病気がみえるvol.4呼吸器第1版』メディックメディア、2007

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由