MENU

敗血症と肺癌

敗血症と肺癌

敗血症

・重症の感染症、感染症が全身に影響を及ぼしている状態
・症状
 ・発熱
 ・腫脹、
 ・炎症
・細菌が全身に波及
 ・多臓器不全になりやすい
・血液検査→菌体、毒素が検出
・全身の炎症反応の存在
・頻脈、動悸、頻呼吸
・白血球の増加(病原微生物に対抗するため)
・cf緑膿菌感染症

肺癌

・化学療法の適応
・Ⅳ期で、全身状態・肝腎臓機能が保たれている患者

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由