MENU

播種性血管内凝固症候群(DIC)とは|原因・診断・治療について

播種性血管内凝固症候群(DIC)とは|原因・診断・治療について

播種性血管内凝固症候群(DIC)とは

弁護士として医療過誤の事件に取り組んでいると、よくお目にかかる疾患があります。
例えば、敗血症、アナフィラキシー・ショック、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、MOF(多臓器不全)、SIRS(全身性炎症反応症候群)などは、医療過誤を取り扱っている弁護士に馴染みのある疾患です。

表題に挙げた播種性血管内凝固症候群(DIC)もそのひとつで、医療専門の弁護士としては是非常識として知っておいて欲しい疾患なので、今回取り上げてみました。

元来、正常な血管内では、血管内皮の抗血栓性や血液中の抗凝固因子のはたらきにより、血液は凝固しないような仕組みをもっています。

播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気です。

この疾患の何が問題かというと、第1に血栓が血流障害の原因となる点です。当然ですが、血栓が血管の中で播種性に形成されていますので、同時に複数の臓器に対する血流障害を起こし、多臓器不全の原因になりえます。
第2に、血栓の形成に血液凝固因子が働いてしまっているため、いわば血小板が無駄遣いされて、出血傾向が出てくる点です。

この疾患は、これ自体が独立した病気ではなく、必ず播種性血管内凝固症候群(DIC)を招いた基礎疾患があります。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の原因

播種性血管内凝固症候群(DIC)の基礎疾患には、急性前骨髄急性白血病・前立腺がん肺がんなどの悪性腫瘍、・揚水塞栓などの産科的疾患、外傷など、さまざまな重症の疾患があります。

これらの基礎疾患の悪化に伴い、生体内の抗血栓性の制御をはるかに超える大量の凝固促進物質(組織因子)が血管内に流入(出現)することが播種性血管内凝固症候群(DIC)の原因と考えられています。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の症状

全身の血管内に播種性に血栓が発生するため、微小循環障害に伴う臓器機能不全、血小板などの消費性が低下して出血傾向が見られます。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の診断方法

播種性血管内凝固症候群(DIC)の確定診断には、一般的に1988年に改訂された厚生省(当時)研究班の診断基準が用いられていますが、緊急時では血小板数・フィブリノゲン値の減少度、あるいはFDP値(フィブリン分解産物)が有用です。

また、播種性血管内凝固症候群(DIC)の準備状態を早期に把握することも重要で、これには凝固亢進状態を鋭敏に検出できるトロンビン・アンチトロンビンIII複合体(TAT)やプラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体(PIC)、あるいはDダイマーなどの測定が有用です。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の治療方法

治療の基本は、大きく分けて基礎疾患自体に関する治療と微小血栓の形成を抑制するための抗凝固療法です。

基礎疾患に対する治療は、これが原因になっているわけですから当然ですよね。

しかし、基礎疾患といっても、例えばそれが癌の場合など、基礎疾患の治療自体が難しく、かつ時間も要するわけです。

したがって、抗凝固療法が重要となってくるわけで、播種性血管内凝固症候群(DIC)を抑制することが緊急課題になってきます。

ただ、ここで問題が起こります。抗凝固療法という表現からも察しがつくように、微小血栓が形成されているわけですから、血栓ができにくくなるように、抗凝固薬(例えば、ヘパリン)を投与するわけですが、抗凝固薬の投薬は他方で播種性血管内凝固症候群(DIC)のもうひとつの特徴である出血傾向を促進させてしまうリスクも含んでいます。
したがって、抗凝固療法を施すとしても、出血傾向に注意しながら慎重に行わなければならず、これが播種性血管内凝固症候群(DIC)に対する治療を難しくしている点です。

播種性血管内凝固症候群(DIC)の医療過誤裁判例

① 大阪地方裁判所平成23年7月25日判決
② 水戸地方裁判所平成23年1月23日判決
など。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由