MENU

脳出血

脳出血

脳卒中

血管の閉塞、破綻などにより突然神経症状が現れた状態の総称
① 閉塞、狭窄→虚血性疾患:脳梗塞
② 破綻→出血性疾患:脳出血、くも膜下出血など

脳出血

=脳実質内の出血
原因:様々。主は高血圧。
出血部位(多い順):被殻、視床、(以下同割合)脳幹、小脳、皮質下

症状:運動障害、感覚障害、構音障害、意識障害、高次脳機能障害、頭痛、視野障害、吐気・嘔吐など

初期診療の流れ(脳卒中)

・気道の評価
・呼吸の評価
・循環の評価
・神経学的評価

脳出血の治療

CTで出血部位の確認
 ↓
意識レベル

ⅰ)清明(自発開眼)
→切迫する脳ヘルニアの所見(意識障害、瞳孔散大、対光反射消失、血圧上昇・除脈)なし
⇒内科的治療、経過観察

ⅱ)低下
→切迫する脳ヘルニアの所見あり
⇒外科的治療

ⅲ)悪い→深昏睡
⇒手術適応外

急性期の内科的治療

呼吸管理
輸液
血管管理
抗脳浮腫薬

参考文献
医療情報科学研究所『病気がみえるVOL.7脳・神経 第1版』メディックメディア2011

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由