MENU

特発性間質性肺炎

特発性間質性肺炎

特発性間質性肺炎とは

特発性間質性肺炎とは、肺胞壁など肺の間質部分の炎症を主な病変とする疾患の総称である。
特発性肺線維症、非特異性、特発性器質化肺炎、呼吸細気管支炎を伴う間質性肺炎、剥離性間質性肺炎、リンパ球性間質性肺炎、急性間質性肺炎に分類される。

特発性間質性肺炎の症状

①炎症
②線維化
③呼吸困難
など。

特発性間質性肺炎の原因

病因は不明である。

特発性間質性肺炎の診断方法

①病歴の聴取
②身体検査
③画像(胸部X線、胸部CT)撮影
④呼吸機能検査(肺活量や肺拡散能)
⑤血液検査
⑥肺生検
など。

特発性間質性肺炎の治療方法

コルチコステロイドまたは細胞毒性薬、もしくは両方を用いることが多いが、効果がないことが多く、根治療法はなく対処療法が中心となる。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由