MENU

帯状疱疹

帯状疱疹

帯状発疹とは

帯状発疹とは、水痘帯状疱疹ウイルスが後根神経節での潜伏状態から再活性化されるときに生じる感染症である。

帯状発疹の症状

赤い発疹、水ぶくれが三叉神経節、脊髄後根神経節に沿って発生し、痛みを生じる。

帯状発疹の原因

過労、ストレスなどの原因により免疫力が低下したときに、神経節に潜伏していた水痘帯状疱疹ウイルスが活動を再開することで生じるものである。

帯状発疹の診断方法

特徴的な発疹の発生により診断する。
初期には片側性に神経痛様の疼痛がみられる。
進行すると、浮腫性の紅斑や小水疱が三叉神経節、脊髄後根神経節などの神経領域に沿って出現する。
紛らわしい場合は、ツァンク試験により多核巨細胞であることが判明することにより診断が可能となる。

治療方法

薬物療法として、バルトックス錠やファムビル錠、ロキソニン錠、バライマイシン軟膏、ゾラビックス、アラセナ‐A、メチコバール錠、リリカカプセルなどの投与。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由