MENU

双胎間輸血症候群

双胎間輸血症候群

多胎妊娠

皆さん、双子というとそんなに珍しいことではありませんが、医学的にはあまりよいことではないって知っていましたか。

実は、多胎妊娠にはいくつかの合併症のリスクが存在します。

まず、流産や早産のリスクを高めます。子宮が過度に大きくなり、それが陣痛や子宮収縮を早めてしまうんですね。

また、羊水過多のリスクも高まります。羊水過多は必ずしも多胎妊娠だけで起こるわけではないのですが、羊水過多の約10%は多胎妊娠が原因だと言われているんですね。

さらに貧血や妊娠高血圧症候群も多胎妊娠でそのリスクが高まると言われています。

双胎間輸血症候群

おそらく、多胎妊娠で最も恐いのは、双胎間輸血症候群ではないでしょうか。

なぜなら、多胎妊娠のうち、「一絨毛膜性双胎児」の場合には、双胎間輸血症候群になって、双子が2人とも胎内死亡に陥る可能性が高いからです。

多胎妊娠の場合、大きく分けると、双子の胎児に対してそれぞれ胎盤が形成されている「二絨毛膜性双胎」と、胎盤がひとつしかなく、双子の胎児がその胎盤を共有している「一絨毛膜性双胎」があります。

さて、一絨毛膜性双胎の何が問題かというと、胎盤がひとつしかないと、双子の胎児のうちのひとりが胎盤から血液を受け取り、それを介して他方の胎児は血液を受け取ることになります。

すなわち、血流は次のようになります。

胎盤 → 胎児X → 胎児Y
  血流    血流

この場合の胎児Xを「供血児」(胎児Yに血液を提供しているから)といい、胎児Yを「受血児」といいます。

さて、このような場合、血液は胎児Xと胎児Yに等しく供給されるわけではありません。

実は、胎盤からお母さんの血液を受け取った胎児Xのほうが、循環血液量は減少してしまうのです。
これに対し、胎児Yは逆に血液をもらいすぎて、循環血液量が増加してしまいます。

循環血液量の減少も増加も正常値から離れているのでどちらもよくないのですが、病態生理は異なります。

供血児である胎児Xは、低蛋白血症を中心とした低栄養に陥ります。
また、腎不全によって尿量が低下し、羊水過少となり肺の低形成を招きます。

他方、受血児である胎児Yのほうは、循環血液量の増加により容量・圧負荷に見舞われ、胎児水腫を呈することが多いと言われています。
また、尿量の増加によって羊水過多にも陥ります。

このように病態生理は異なるのですが、両児とも心不全によって死亡してしまう可能性もあるのです。

これに対する治療法としては、まず羊水過多側から羊水を除去する「羊水除去術」があります。
これにより圧格差をなくして両児間の血流不均衡を是正しようというわけです。

また、羊水腔を交通させて圧格差を解消という「羊膜穿孔術」というのもあります。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由