MENU

早産とは|切迫早産の症状・診断・治療方法について

早産とは|切迫早産の症状・診断・治療方法について

流産、早産、正期産、過期産の定義

・流産; 22週未満   約15%
・早産; 22週以降37週未満   約5%
・正期産; 37週以降42週未満   約80%
・過期産; 42週以降   約1%

早産の要因と病態生理

感染要因

細菌性膣炎(BV)→ 子宮頸管炎→ 絨毛膜羊膜炎(CAM)→早産
 (膣内感染)    (子宮頸管内感染)  (子宮内感染)

子宮容積の増大

多胎妊娠・羊水過多 → 子宮筋の伸展 → 早産

子宮頸管無力症

・膣からの細菌が子宮内に侵入→ 子宮頸管熱化・陣痛→ 早産
・児の先進部による子宮頸管の圧迫→ 子宮頸管熱化・陣痛→ 早産

脱落膜からの出血

子宮内出血 → トロンビン形成 → 炎症反応 → 早産

前期破水

前期破水 → 陣痛 → 早産
※前期破水; 陣痛発来前に卵膜の破綻をきたし羊水が流出したもの

絨毛膜羊膜炎(CAM)

・早産の主要因
・脱落膜に炎症が及ぶ→ 脱落膜のマクロファージや子宮細胞から子宮収縮物質が産出→ 子宮収縮惹起→ 切迫早産
・CAMになると、胎児への感染リスク↑
→ 積極的な子宮収縮抑制薬の投与は控える

stage
stageⅠ; 炎症細胞は脱落膜のみ
stageⅡ; 炎症細胞は脱落膜、絨毛膜に及ぶ
stageⅢ; 炎症細胞は脱落膜、絨毛膜、羊膜に及ぶ
※母体組織(脱落膜、絨毛膜) → 胎児組織(羊膜)

切迫早産とは

切迫早産とは、妊娠22週目から36週目の間に破水や性器出血、規則的な子宮収縮、内診では、子宮口の開大、子宮頸管の展退などが出現し、早産の危険性が高い状態をいう。

切迫早産の症状

・破水
・性器出血
・子宮収縮
・子宮口の開大
など。

切迫早産の診断方法

・破水の有無の確認
・子宮収縮の状態確認
・胎児の状態確認


・出血の有無の確認 ・子宮口の開大の有無、また、その程度の確認 ・頸管の状態確認
など。

切迫早産の治療

治療方針

・34週以降
胎児は体外生活可能 → 娩出可

・26週~34週未満
羊水感染、胎児感染の兆候あれば → 要娩出

・26週未満 原則娩出不可 → 抗生物質療法で対応 但し、胎児感染(+) → 帝王切開で娩出

薬物療法

① 子宮収縮抑制薬
・塩酸リトドリン
・硫酸マグネシウム

② 抗菌薬療法 ・β-ラクタム剤(ペニシリン系・セフェム系)

③ 抗炎症療法

④ ステロイド

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由