MENU

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢により腰部における脊柱管が狭窄し、脊柱管の中の、足に向かっていく神経を圧迫することにより発症する疾病である。

腰部脊柱管狭窄症の症状

①下肢のしびれ
②下肢の痛み
③坐骨神経痛
④間欠跛行(下肢に負荷をかけると下肢に痛みやしびれが生じ、休息をとると再び運動が可能となる症状)

腰部脊柱管狭窄症の原因

加齢や労働などにより背骨が変形したり、椎間板が膨張することによ脊柱管が狭窄し、脊柱管の中を通る神経を圧迫することにより神経への血流が低下することが原因である。

腰部脊柱管狭窄症の診断方法

①X線検査
②腰椎のMRI検査
③脊髄造影
など。

腰部脊柱管狭窄症の治療方法

①椎弓切除術
②神経ブロック
③リハビリテーション
④薬物療法
など。

裁判例

①鹿児島地方裁判所 平成24年4月11日判決
②大分地方裁判所 平成21年3月26日判決
③名古屋高等裁判所金沢支部 平成23年11月30日判決
など。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由