MENU

ブリッジ治療(歯科)

ブリッジ治療(歯科)

ブリッジ治療(歯科)とは

ブリッジ治療とは、歯が抜けたり、抜いたりして歯を欠いてしまった場合にその欠けた歯を補うべく、抜けた歯の両隣の歯を土台として冠をかぶせ、その冠と一体となった人工の歯を、抜けた歯の部分に装着する治療方法である。
素材によっては、保険の適用がある。

ブリッジの素材

①金属
②レジン
③ハイブリッドセラミック
④オールセラミック
⑤ポーセレン
など。

ブリッジ治療にかかる時間

通院して2週間から1ヶ月程度である。
抜けた歯の両隣の歯を削って土台を作り、型取りや人工歯の作成等の工程を経て、ブリッジが完成する。

ブリッジの耐用年数

ブリッジの素材にもよるが、平均すると3年間から8年間程度である。
8年間使用を続けると、何らかの問題が生じることが多い。

ブリッジ治療の長所

①保険の適用がある素材を使えば、費用を安くおさえることができる。
②インプラントなどと比べると、短期で治療を行うことができる。
③咀嚼能率が悪くはない。
④見た目が自然である。
⑤異物感や違和感がない。

ブリッジ治療の短所

①抜けた歯の両隣の歯は、健康な歯であっても削る必要がある。
②保険適用外の素材のブリッジを使用した場合、白い素材は前から3番目までの歯にしか使えない。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由