「医師民事責任の構造と立証責任」(平野哲郎著、日本評論社)を読んで | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

「医師民事責任の構造と立証責任」(平野哲郎著、日本評論社)を読んで

「医師民事責任の構造と立証責任」(平野哲郎著、日本評論社)を読んで

弁護士・医学博士 金﨑 浩之

本書は、現在弁護士として法曹実務に携わりながら大学教授でもある著者によって執筆された医療過誤の専門書で、内容的にも信頼性が高い文献と思います。また、著者は元裁判官の経歴も有するので、患者側・医療機関側のいずれかを擁護する論調になりがちな弁護士の見解とは異なり、公平な視点で医療訴訟を分析されている点も非常に参考となりました。 これまでの医療訴訟では、患者側代理人が不法行為責任と債務不履行責任の競合説を前提に主張を組み立てていくスタイルが一般的でしたが、著者は債務不履行責任の追及が優先されるべきであると論じております。言うまでもなく、債務不履行責任では、原告は債務不履行の事実を主張・立証すれば足り、帰責事由の不存在は被告の抗弁になりますから、債務不履行構成のほうが原告側の立証責任は軽減されるはずです。それなのに、弁護士である我々実務家が、“医師の過失”にフォーカスしてきた背景には、医師の過失と債務不履行とが事実上重なっていると考えてきたからでした。 しかしながら、不法行為構成だと、どうしても医師の落ち度を強調する論調となるため、患者側代理人の主張は医師を糾弾するような議論になりがちです。この点、債務不履行構成であれば、あくまでも診療契約で合意された内容が忠実に履行されたか否かにフォーカスがあたるので、糾弾的な主張になりにくく、裁判官を説得しやすい側面があるのではないかと感じました。裁判官にとっても、医師に過失があると認定するよりは、債務不履行の事実があると認定するほうが心理的ハードルは低いと思います。 また、債務不履行構成で丁寧に主張を組み立てれば、最高裁が判示した「診療当時のいわゆる臨床医学の実践における医療水準」は何かが、もっと意識的に議論されるようになるのではないかと思いました。医師の責任を契約責任と位置づける以上、債務の内容を確定することは、診療当時の臨床医学の実践における医療水準の内容を確定することにつながるからです。過失を中心に検討すると、どうしても個別具体的な細かい論争に陥る傾向にあり、その影響もあるせいか、下級審の中には、診療当時の医療水準の内容を確定することなく過失の有無を判断してしまい、最高裁で採証法則違反を理由に破棄差し戻しとなるケースが散見されます。債務不履行を中心に検討すれば、このような下級審の誤審も減少するのではないかと思いました。 債務不履行責任を中心に感想を述べて来ましたが、本書は、医療訴訟の因果関係論に対する考察も秀逸でした。確かに、著者が指摘するように、平成12年の最高裁判例以降、相当程度の可能性ラッシュが起き、因果関係はとりあえず否定したうえで相当程度の可能性理論で患者側に一定の保護を与えるという大岡裁きのような下級審判例が増えました。そして、下級審の中には、救命可能性が70%を越えていても因果関係を否定するものさえ散見されるようになりました。著者が指摘するように、患者側の保護を拡大したはずの理論が、因果関係を否定するための方便として用いられるようになったという実態があります。このように、因果関係論をめぐる著者の指摘も示唆に富み、この問題は医療訴訟の中でも正面から議論されてよいと思います。 本書は、我々弁護士だけではなく、医療訴訟に携わる裁判官にも是非読んでほしい一冊です。

医療事業部弁護士コラムに戻る

医療過誤・医療ミスのご相談