MENU

CRPS(複合性局所疼痛症候群)

CRPS(複合性局所疼痛症候群)

概念

CRPS=complex regional pain syndrome

反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)やカウザルギー(causalgia)に代わる概念として、1994年に国際疼痛学会により提唱された。

※心因性疼痛とは区別される。

類型

Type1

・何らかの障害(特に軟部組織か骨の損傷後)に発症

・アロデニア、自発痛を伴う。単一神経支配領域にとどまらない

・痛みの程度は、その原因との関係では不相当

・浮腫、皮膚血流障害、発汗障害が疼痛領域に出現

・明らかな末梢交感神経の障害を確認できない。

Type2

・神経損傷後に発症

・従来のカウザルギーに相当する

・明らかな末梢交感神経の障害後に症状が出現

症状

・感覚異常
・限局性の自律神経異常(血管運動、発汗)
・アロデニアと痛覚過敏
・浮腫
・可動域の制限
・心理的苦痛(抑鬱、不安、怒りなど)

※環境変化やストレスで悪化しうる。
原因の未解明、有効な治療の欠如、長期間に及ぶ治療で助長される。

治療

① 薬物療法
② 理学療法
③ 交感神経遮断

予後

・予測困難
寛解する場合もあれば何年も継続する場合もある。
進行すると、他の部位に波及することもある。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

私たちが選ばれ続ける理由