MENU

医師免許を持っている弁護士について

医療過誤・医療ミスの
ご相談はこちら

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。

医師免許を持っている弁護士(医療事故・医療ミスの法律相談の前に)

医師免許を持っている弁護士について

医師免許を持っている弁護士を代理人に選任することは、医療ミス・医療事故に関する紛争処理で有利に働くか否か、我々弁護士の間でも議論がありますが、原則として、有利だと考えております。

医師免許を持っている弁護士の専門の診療科目が何であれ、医学を学んできた人の優位性はあると考えるからです。
しかし、以下の点には十分注意する必要があります。

第1に、医師免許を有している弁護士の多くは、医療機関側の顧問をしていると考えるべきです。
これは弁護士の業界では常識となっています。

当然ですが、相談者とトラブルになっている医療機関がその弁護士の顧問先であれば、受任はもちろんのこと、相談に応じることもできません。
その弁護士が顧問をしていることを知らずに、医療相談の問い合わせをしてしまうと、患者側の動きがその医療機関に情報として伝わってしまう可能性があるので注意が必要です。

第2に、その弁護士が顧問をしていない医療機関であっても、医師や病院間のつながりで、やはり相談に応じることができない場合が想定されます。

医師同士のつながりはとても強いので、しがらみ上、法律相談すら応じることが難しくなってきます。
そのような場合を想定すると、その弁護士の近郊の病院を訴える可能性がある場合には、相談するには慎重になるべきだと思います。

しかし、例えば、弁護士が東京で業務を行っていて、訴えたい病院が大阪にあるのであれば、問題は少ないと思います。
いずれにしても、医師免許を有している弁護士は、他の医師との人間関係が強く、患者側の代理人となるのには、限界があることを念頭においておくべきだと思います。

医療過誤・医療ミスのご相談

医療過誤・医療ミスの
ご相談受付

※歯科・精神科・美容整形のご相談は
受け付けておりません。